calendar

          12« 2008/01 »02          
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Qumk

Author:Qumk
華原朋美の歌声が好きなQumk(くぉんく)です。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 華原朋美ファン史 

今日は華原朋美さんについて。
朋ちゃんって呼んでもいいんですが、このブログでは華原朋美さんって呼びます。

華原朋美さんを初めて知ったのは、2ndシングルの「I BELIEVE」でした。当時はまだ小4で、音楽を聞くのに興味を持ち始めた頃だったので歌手の知識とか全然なかったんですが、ある時、何かの音楽番組で聞いたのがきっかけで気に入りました。年末に「I BELIEVE」のCDを購入。これが自分のお金で買った初のCDになりました。

その後、本格的に音楽にはまっていき、その頃「I'm proud」が大ヒット。これもCDを買いました。それでもまだ小5だったので、1stアルバムとシングルカットした「LOVE BRACE」は金銭的に無理でした。正月後ならお年玉ありましたが、発売が夏だったので。また、当時は親の影響でミスチルが好きになり、「深海」を同時期に買ってもらっていたので。

本格的に【華原朋美】にはまったのは「Hate tell a lie」でした。なぜか分からないけど「HEY!HEY!HEY!」で見たときに、これは絶対に欲しい!!って思ったんです。この曲で、フライングゲットというものを知りました。2ndアルバムの頃は小学校の友達にも同じようなファンがいたので、盛り上がってましたねぇ。
その後は「I WANNA GO」以外は全部購入しています。「I WANNA GO」はシングルカットで、今なら買うと思うけど当時は小6なので金銭的にスルーでした。小学校卒業前に、1stアルバムもついにゲット。

その後、中学生に。最大の試練は、テスト期間中に3rdアルバムが発売した時です(笑)
1999年、ついに例の事件が。華原さん、小室ファミリーを離れます。しかし意外と早い復帰、「as A person」は何度もリピートしましたねぇ。でもこの頃の歌声は個人的に微妙で(「as A person」は良い味出してたけど)、ちょっと残念でした。

しかし2000年に出た「Believe In Future~真夜中のシンデレラ~」では、またまたすごい良い曲が!・・・と思ったら、ランキングは初のベスト20圏外。これはショックでしたねぇ。やっぱり声が一般的には受け入れられなかったのかなぁ。
そしてまた休養したと思ったら、謎のシングルカット・・・と思ったら今度は何と電波少年。これはびっくりを通り越して、嬉しいやら寂しいやらでした。それでも毎週ビデオ録画をして、意外と元気で安心しました。

▼... Read more ≫
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。