calendar

          05« 2017/06 »07          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Qumk

Author:Qumk
華原朋美の歌声が好きなQumk(くぉんく)です。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 華原朋美 アルバム 

今日は華原さんのアルバムとDVDについて。
華原さんは今まで6枚のオリジナルアルバムと、4枚のベストアルバムをリリースしています。
ベストアルバムが無駄に多いですが・・・。

お気に入りのオリジナルアルバムは、
01.NAKED
02.LOVE BRACE
03.nine cubes

ですかね。

では、1枚ずつ今思う感想でも。

1stアルバム『LOVE BRACE』
これはもう完璧な出来ですね。当時のTKさんがどれだけ本気だったか分かるほど作品としてのレベルが高いです。「I'm proud」もフルバージョンで収録されていますし、どの曲でも声の調子が最高に良いと思います。「I BELIEVE」に関しては個人的にはシングルのアレンジの方がダンゼン良いと思いますが。本当に『LOVE BRACE』というタイトルにぴったりのアルバムになってます。

2ndアルバム『storytelling』
1番最初に手に入れた華原さんのアルバムだったので思いいれが深い作品です。発売も3回ぐらい延期したので手に入れた時は本当に嬉しかったですねぇ。その割に新曲が少ないですが、当時はそんなこと深く気にするような年齢でもなかったしシングルも気に入ってたしで、特に不満はなかったです。今思えば残念ですけど。「afraid of tonight」は[TK mix]をフルバージョンにして収録するだけでいいんじゃないかとか、「I WANNA GO」も最初からシングルカットされた華原さんの声がたくさん入ったバージョンを収録すればよかったんじゃないかとか、今では結構謎の部分も多いです。

3rdアルバム『nine cubes』
発売が中1の時の期末テストと被って、聞きたくてたまらない症状になったアルバムです(笑)。TK時代最後の作品になったわけですが、歌声がかなり不安定なのが分かります。「daily news」や「here we are」なんかは正直テレビで歌ってた方がうまかったりしましたから。「さがしもの」とかも曲はすごく好きなのにって感じでちょっと惜しい感じがあります。ただ、このブログのタイトルでもある「winding road」に限ってはかなり良い味出してると勝手に思ってます(笑)。あっ、あまり良い感想持ってないと思われるかもしれませんが、個人的には別にこの時の声も嫌いだったわけじゃないので(もうちょっとうまく歌ってる時のが収録できただろうということだけで)、アルバム自体は好きです。最後のインスト「sagashimono」も何気にかなり良い。

ベストアルバム『KAHALA COMPILATION』
なぜかカラオケ盤と2枚組みになっていて、とっても収納に困るCDでした(笑)。まあシングルカットされた「I WANNA GO」や「YOU DON'T GIVE UP」がシングルバージョンで入っていたり、CMで使われていたアルバム曲が入っていたりと、ベスト盤としては良かったと思います。ちなみに、後にカラオケ盤抜きのも発売されました。

4thアルバム『One Fine Day』
TK氏を離れて初のアルバム。全曲、華原さんが作詞しています。個人的にこの頃の声は曲によって苦手なのもあって、通して聞いた回数では一番少ないかもしれません。でも曲の完成度は結構高いんじゃないかとは思っています。ファンの贔屓目はあると思いますが、華原さんの詞は素直で良い詞だと思います。

ベストアルバム『Best Selection』
『LOVE BRACE』と『storytelling』のつめあわせベストみたいな感じです。抜かれてる曲の基準だったり、「I'm proud」がフルバージョンになかったりと、謎も多いですが・・・。シングル曲は「I BELIEVE」以外は全部シングルバージョンで入ってます。ジャケットだけは新しく撮影してます。2001年9月という中途半端な時期に出た理由がいまだによく分かりません。

5thアルバム『Love Again』
アメリカから帰国して初のオリジナルアルバム。帰国後に出した3枚のシングルも含まれていますが、あまり流れは汲んでない気がします。アルバム曲はクラブっぽい曲(?)。最初は今までのイメージと離れてるっていう感じで違和感があったんですが、コンサートで聞いてからは結構はまってましたねぇ。10周年コンサートでも「Free Mind」など歌っているのでDVD買ってみてください(笑)

ベストアルバム『Natural Breeze~KAHALA BEST 1998-2002~』
その名の通り1998年から2002年までに出た曲を収録したベストアルバムです。シングルでは「Believe In Future~真夜中のシンデレラ~」と「あきらめましょう」がアルバム初収録。アルバム曲も数曲入っています。パソコンで開くと、「あきらめましょう」のPVが見れます。

6thアルバム『NAKED』
レコード会社を移籍して、3年半ぶりにオリジナルアルバムをリリースしました。シングルの「あなたがいれば」「涙の続き」をはじめバラードが中心になったアルバムです。最近ではいろんなジャンルを収録したアルバムだったり、機械的な音を使ったりする曲が多かったりしますが、これは純粋に「聞かせるアルバム」になってると思います。曲調も一昔前という印象を受けました。表現力もついてきてすごく良いアルバムで、一番よく聞くアルバムですねぇ。「好きは世界一長い言葉」では初めて裏声にも挑戦しました。DVDにはシングル曲のPVと、「僕らの音楽」に出演した時の「I'm proud」が収録されてます。これ本当に最高!

ベストアルバム『Super Best Singles~10th Anniversary』
歌手デビュー10周年を記念したベストアルバム。デビュー曲から10thシングルまでがDisc1、レコード会社をワーナーに移籍してからのシングルをDisc2に収録。収録時間にも余裕があるのになぜか「Blue Sky」と「あなたのかけら」だけ未収録です。「PLEASURE」はアルバム初収録。ジャケットとかも新しくなってたので購入はしましたけど、正直、ベスト盤にはもうお腹いっぱいでした。10周年だからベストというのはありだと思いますが、収録曲にもっと工夫が欲しかったです。
スポンサーサイト
シングル感想 | HOME | 注目

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。