calendar

          10« 2017/11 »12          
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Qumk

Author:Qumk
華原朋美の歌声が好きなQumk(くぉんく)です。

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 美香子先生 

今日(もう昨日だけど)は、映画「おっぱいバレー」と、
その舞台挨拶を東京まで見に行きました!
昨日のcaocaoつながりとは、これが主題歌だからです。

友達の友達が行けなくなったらしく、チケットを友達が譲られ、
さらに1枚余ってるからと誘われたというわけなんです!
タイトルだけだと敬遠しがちな感じですが、
宣伝をたくさんしてていやらしい内容でないことも知ってたので、
そして何より綾瀬はるかさん好きなので、喜んで行くことにしました。

肝心の内容は、すごく良かったです!
初日なのでネタバレをなるべくしないように書きますが、
まず良かったのは綾瀬さんのキャスティングですね。
綾瀬さんだと良い意味でリアルさがないというか、いやらしくないんです。
怒鳴る演技もイケてたのが個人的に新発見でしたね!
そして中学生たちがまた良かったんですよね~。
最近は正直キャラクターよりもとにかく人気だったら使えばいいというキャスティングが目立ちますが、
これは本当にキャラクターにはまったキャスティングをしてました!
人気がある人が嫌だとかそういうわけじゃなく、
もちろんキャラにはまってるのも多くありますし、何よりも芸能界としては正解だとは思うんです。
でもやっぱりこういう映画もあってほしいんですよね。
まぁこの中学生たちも売り出し中なのかもしれませんが、初々しいのもまた良い感じでした。
最初はつたない演技も物語が進むにつれてどんどん上手になってくのが分かるんですよね。
そして仲村トオルさん、昔から好きな俳優です。説明は要らないですね。
出番は多くはないのですが、感動&笑いの両方を誘うセリフを言ってくれてました。
石田卓也さんは、高1に見えないよって感じが逆に良かったです(笑
他にも田口浩正さん、市毛良枝さんと出番は多くないものも良い味出す俳優さんが出てました。

ストーリーは、とにかく単純です。
はっきり言って、予告以上でもなく以下でもない、あのままです。最後まで。
でもそれがまた良かったですね。
余計なものがなく、見やすかったです。
個人的になかなかストーリーが進まなかったりすると飽きてしまうので
(もののけ姫でさえ最初はオープニングで飽きかけた(笑))、そういう部分は大きいんですよね。
少しクスッと来るシーンをところどころに挟んでいたのもプラスですね。
試合のシーンは最初はバカなことばかり言ってた中学生たちがかっこよく見えました。
オチもしっかりありました。

ひとつ言うなら、恩師の家での感動シーンをもっと深く作ってほしかったですね。
もっと感動できそうなシーンだったのに、ちょっと残念でした。

そして舞台挨拶。とにかく綾瀬さんかわいかったです☆
間近で見ても、マジメで天然な感じが伝わってきました(笑
そして高感度が上がったのが青木崇高さん。
マジメな話とおもしろい話をうまくまぜながら、場の雰囲気を明るくしてくれてました。
途中で中学生たちも出てきましたが、みんなマジメそうでした。
普段はあんな約束しなそうな子達ばっかでした(笑

長くなりましたが、個人的には綾瀬さんも見れたしかなり満足でした。
仲村トオルさんがいなかったのが少し残念でしたが。
重い、深い話が好きな人にはどうか分かりませんが、
爽やか系が好きな人には楽しめる映画じゃないかと思います!

スポンサーサイト
衝撃 | HOME | 個人授業

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。